【WEB学習辞めないで!】WEB制作はオワコンじゃない理由。WEB制作会社に勤めるおきワタが説明します。

WEB制作はオワコンじゃない WEB
学習者
学習者

「WEB制作を勉強中なんだけど、仕事あるのかな〜?」
「最近オワコン説もチラホラ聞くけど、大丈夫なのかな…?」

おきワタ
おきワタ

「大丈夫!」
「おきワタはWEB制作会社に勤務しているけど、普通に仕事あるぞ!」

学習者
学習者

「そうなの!?」
「じゃ、なんでオワコン説がこんなに出ているの?」

おきワタ
おきワタ

「その理由を説明するね!」

この記事を読んで欲しい人
  • WEB制作を学習中の方
  • WEB制作がオワコンなのか不安な方
この記事を読むメリット
  • WEB制作学習の目標が持てる
  • どんな仕事があるのかわかる
スポンサーリンク

なぜWEB制作はオワコンと言われるのか?

こんにちは。おきワタです。

おきワタは、地方のWEB制作会社に勤めています。
最近、WEB制作はオワコンだ!
なんて言う、動画とかSNSとか見たりしますね。

なぜオワコンなのでしょうか?

大きく分けると2種類ほど理由がありますね。

コーディングを必要としないサービスがたくさんある

専門的な知識がいらないサービスがたくさんありますね。

代表的なところだと、ペライチとかWixとかでしょうか。
このようなサービスは、ほんと簡単にWEBサイトを立ち上げることが出来ます。

ドメインも気にしなければ、ほぼ無料で作ることが出来ます。

たしかに、このようなサービスがたくさんあれば
WEB制作がオワコンと言われるのも、なんとなく理解できます。

無料で使えるプラットフォームがたくさんある

飲食店や、美容室なんかでは
ホットペッパーとか、食べログとか
WEBサイトを作るよりも簡単に使えるプラットフォームもあります。

このようなサイトを利用しているユーザーも多いので
自身のWEBサイトはいらないって考える人がいることもありますね。

このようなサービスが普及しているので
WEB制作はオワコンだ!って言われるのです。

オワコンの定義

主観ですが、

稼げない=オワコン

ってニュアンスが多いです。
お金をたくさん稼ぎたい人からすると
効率が良くないので、オワコンって言われるんでしょう。

WEB制作はオワコンじゃない!(おきワタの考え)

たしかに、WEBサイトを簡単に作るサービスが
たくさん出てきている以上、オワコン説が出るのも
不思議ではありませんが…。

おきワタはそうは思っていないです。

事実、おきワタはWEB制作会社でディレクターとして
働いていますし、案件がゼロってことはありません。

WEB制作学習中の方に、少しでも安心してほしいので
WEB制作がオワコンじゃない理由をご説明します。

WEB制作がオワコンじゃない理由

実際にある案件と、おきワタの考えをご説明します。

官公庁案件もWEB制作がある

官公庁案件とは、民間からの仕事ではなく
県や、市町村からのお仕事依頼のことです。

このような案件は、入札や、プロポーザル形式で自分から仕事を取りに行く必要があるのですが、実際にあるのは事実です。

おきワタは、会社員なので、会社の名前で参加して
今年度も2件ほど獲得しました。

民間の案件も普通にある

もともとWEBサイトを持っていない企業から
サイトの制作依頼もありますし、リニューアルしたいという感じの案件もあります。

WEBサイトは作って終わりではなく、長期で運用していくものです。

「サイトの管理を依頼していた会社が倒産してしまった!」
「管理していた担当者が辞めてしまった!」
「サイトが古すぎてみっともない。」

理由はいろいろありますが、
このような依頼はめっちゃあります。

リテラシーが低い人が必ずいる

どんなに無料のサービスが出ようが、
簡単に作れるサービスが出ようが、
自分では出来ない!

って思っている人が、必ずいます。

もう一度言います。

必ずいます!

どんなに便利な世の中になっても
使いこなせない人が一定数いるので
案件自体が無くなることはないと言えます。

WEB制作会社の求人もめっちゃ出てる

これは、かなり説得力があります。

地方だろうが、都心だろうが、
WEB制作の求人は普通にありますよね!

オワコンな業界であれば
求人なんて出るはず無いんです。

求人がない=仕事がない

求人がある=仕事がある

いつの時代もそうです。
仕事が無い業界は求人がありません。

WEB制作の学習を辞めないで!

おきワタは、ディレクターとして
WEB制作に関わっているので、
実際コード書いたりする機会はあまりないのですが、
(LPなんかはたまーに書いたりします。)

スキルはあればあるほどいいですよね!

事実、忙しくなってくると
外注でコーダーさんを雇ったり、
フリーの方に仕事を振ったりする場合もめっちゃあります。

WEB制作案件は、下請けの下請けって構造は日常茶飯事です。

「デザインは外注さんに…」
「コーダーは外注さんに…」

って感じで、普通にお願いする機会がありますので、
いま、WEB制作を学習中の方は、ホントに辞めないで欲しいです。
(おきワタも学習中ですw)

不安を煽る情報に左右されないで

WEB制作はオワコンだ!
って言われたら、学習中の方はモチベ下がっちゃいますよね。

稼げない=オワコン

では無いです。
これは、本気でそう思います。

オワコンかどうかを決めるのは
周囲ではなく、自分じゃないですか?

「あの人が言ってたから、オワコンか…」
「みんな言ってるから…」

って感じで、不安を煽る情報で、やる気が無くなるのは
ホントにもったいないです。

ホントにオワコンだったら、
WEB制作会社が存在しているはずないですよね?

おきワタが思うオワコンとは

おきワタは、WEB制作がオワコンという説は
あまり肯定的ではありません。

でも、ちゃんと理解しなければいけない現実はあります。

それは、
WEB制作のみって仕事は減る可能性があります。

やはり時代に沿って、WEB制作だけでは
厳しくなる事は予想出来ます。

なので、

WEB制作+○○○

って感じで、付加価値をつけてあげるのが大切です。
制作のみでは、顧客満足度は低くなってきてますね!

まとめ

オワコンだ!ってパワーワードは少し煽りすぎです。

WEB制作がオワコンかどうかを決めるのは
周りではなく、自分で決めましょう。

大切なのは、業界がどのように変化しているのかを見る事だと思います。

不安を掻き立てる情報で、学習意欲を無くさないでください!
おきワタも学習してるので、一緒に頑張りましょう!!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました