IE11でしか使えない!総務省がマイナポイント事業がバズりまくり

マイナポイントアプリ お役立ち情報
スポンサーリンク

マイナポイント事業ってどんな内容なの?

「消費の活性化」「マイナンバーカードの普及促進」「キャッシュレス決済基盤の構築」が目的とされているみたいです。

マイナポイント事業は、マイナポイントの活用により、
消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業です。

引用:マイナポイント事業

マイナポイント予約手順

  1. マイナンバーカードの取得申請
  2. 交付窓口等で、マイナンバーカードを取得
  3. マイナポイントを予約
  4. キャッシュレス決済のサービスを選択
  5. 選択したキャッシュレスサービスへチャージ、またはそれを利用した物品等の購入
  6. マイナポイントの付与
画像:総務省マイナポイント

マイナポイントはそこまで問題ある事業ではない

事業の内容をちゃんと見てみると、結構理にかなっていて
消費も拡大されそうだし、この機会にマイナンバーカードを作ろうとする人も増えそうです。

マイナンバーカードの以下の通りです。

人口 : 約1億2700万人
交付枚数 : 約2100万枚
普及率 : 16.8%
(令和2年6月1日現在)

画像:総務省

普及率が低いマイナンバーカードを取得しないと
予約が出来ない仕組みになっているので、
打開策としては全然いいと思うんですが…。

マイナポイントの申し込み方

マイナポイントを利用するには、まず予約が必要となります。

スマホの場合は、アプリから出来るみたいです。

Androidの方はこちら

iPhoneの方は

PCでマイナポイントを申し込むにはIE11が必須!

Twitterでバズりまくっている理由がこれです。

マイナポイントの予約には、マイナポイントアプリ対応スマートフォンか、インターネットに接続できるパソコンとマイナンバーカードに対応したICカードリーダライタが必要である。
ただ、パソコンでのマイナポイントの利用申し込みにおいては、OS(MicrosoftWindows8.1,10)がインストールされていること、そしてブラウザ
「InternetExplorer11」(以下IE11)がインストールされていることが条件となる。国内シェア最大級のブラウザ「Google Chrome」や、Windows 10標準搭載である「Microsoft Edge」などでは、申込を行うことができない。
インターネット上では、「PC版マイナポイント申込みサイト、IE11専用とか、リンクした先の表記とか、トラップが大杉w」、「マイナポイントの予約で使うブラウザ、IE11って…。今時IE限定…」といった声が上がった。
なお、IEを提供するマイクロソフトは、後継ブラウザであるEdgeの使用を推奨している。
J-CASTニュースは、総務省マイナポイント施策推進室に、こうした声をどう捉えているかメールで取材。3日に回答を得た。

引用:J-CASTニュース

ここまで遅れているのか…。
と正直驚きましたが。

ブラウザのシェア率はこちら。

なぜIEだけに限定したのかは、理由がわかりませんが
システム上そうするしかなかったのか、リテラシーが低いのか
笑うしかありませんw

まぁPC以外からでも、予約は出来るみたいなので
スマホなどでやるのが良さそうですが…

今後もITを活用した事業を行う上で、
こんなに批判が出るやり方をする国に
任せていて大丈夫なのだろうか?

IT後進国と言われても仕方がないよな〜。

タイトルとURLをコピーしました