【ラジオCM検討中の方へ】費用は?効果は?どんな風に進めるの?

ラジオCM検討中の方へ メディア

ラジオCMをやってみたいけど、どんな風にすればいいのかわからない方や、
どれぐらい費用がかかるのか知りたい方。
広告代理店として全国各地の放送局とやりとりした経験がある僕が、
ラジオCMのイロハをお答えします。
検討中の方は、広告代理店に問い合わせる前の、参考になるかと思います。

この記事を読んで欲しい人
  • ラジオCMを検討中の方
  • 広告代理店に問合せようとしている方
  • ラジオCMに興味がある方
目次
  • ラジオCMってどこに問い合わせるの?
  • ラジオCMの流れ
  • ラジオCM見積もり時の注意点
  • ラジオCM制作の注意点
  • まとめ
スポンサーリンク

ラジオCMってどこに問い合わせるの?

ラジオCMはテレビCMと同じで、基本的には
「広告代理店」に問合せて、進めていきます。
地元の広告代理店でもいいですし、ラジオ局と契約している代理店であれば
全国各地へ出稿することが出来ます。
僕は、沖縄の代理店でお仕事をしているのですが
問合せは全国各地からきます。
キー局と契約をしているので、沖縄にいながら、どこの都道府県でも
対応することが出来ます。
今までに、新潟や岡山、宮崎、などたくさんの県外局へ出稿しました。

ラジオCMの流れ

ラジオCMの流れをざっくりと説明していきます。

  1. ヒアリング
  2. お見積もり
  3. ラジオCM放送開始!

ヒアリング

まず代理店に問合せた時に、必ず聞かれることがあります。それは・・・

  • どこの放送局にしますか?
  • 放送期間はどのくらいですか?
  • ターゲットは何歳ぐらいですか?
  • 制作はどうしますか?

上記の質問は、ほとんど聞かれますので
事前に決めた上で問い合わせると、スムーズに話が進みます。

お見積もり

ラジオCMで見積もりの項目は、「放送費」「制作費」の2つになります。
放送費は、局によって異なり、制作費も異なります。
参考までに、リンクを貼っておきます。

地域別ラジオ広告料金 | ラジオ広告・ラジオCM企画・制作のラジコム
ラジオ広告・ラジオCM企画・制作サイトのラジコム(東京都中央区)はラジオCMの専門サイトです。東京,神奈川,埼玉,千葉を中心に全国対応しています。

上記は東京都をエリアにしている放送局の料金表です。
あくまでも参考料金ですが、1本あたりの料金になります。
放送単価に本数を掛けると、放送費を出せますね!!

【例(TOKYO FMの場合):¥100,000 ✖️ 30本 = ¥3,000,000】

さすが東京!!費用はなかなかしますが、人口が多いので
効果はかなり期待出来ますね。
地方だと、¥10,000〜からあるので、比較的に低コストでもCM出来ますよ♫

ラジオCM見積もり時の注意点!

いざラジオCMをやりたい!って思い、代理店に問い合わせると・・・
「放送局は?」
「放送期間は?」
「予算は?」
「CM制作は?」
「原稿は?」
など、何も決めていないと、まず見積もりって出せないんですよね。
おそらく、放送局ぐらいは決まっているとは思うんですが、
期間、予算、CM制作、原稿などの、
細かいところは決めれないって言うのが現状ですよね。

そんな方のために、代理店に問い合わせる前に、決めておくべきことをお教えします。

1、基本中の基本「予算」

代理店の立場からなんですが、
「いくらぐらいしますか?」
って言う質問は、かなり微妙です。
さきほど説明したように、何も決まってないと、答えれないんですよねw

ですので・・・
「予算50万でラジオCMを検討しているんですが、どのようにしたらいいですか?」

ある程度の予算が分かっている方が、代理店も提案しやすくなり
話も早いです。予算を言うのってなんか、言いづらそうにする場合が多いんですが
正直に言うと、予算がわからないと提案のしようも無いです。

2、ターゲット

これも基本なのですが、誰に聞かせたいのか?をはっきり決めておくことです。
年齢層によって、ラジオを聞いている時間帯がけっこう違います。
ターゲットを決めておかないと、無駄になってしまいかねません。

企業名などをPRしたい場合などでも、どういった方に自社をPRしたいのか
決めておくことが大切です。最近はマーケティングの基本で「ペルソナ設定」
必須になってくるので、必ず決めておきましょう。

3、放送期間

これもかなり大事です。
テレビCMと同じように、番組スポンサー枠と、スポット枠があり
いつから〜いつまで放送するのか?を決めておかないと、提案の幅が狭くなります。

ターゲットによっては、スポンサー枠になった方が良いし、
とにかくたくさん放送したい!!って感じならスポットで試してみたりなど。

放送期間を決めておくと、予算も決めやすくなるので、
こちらも最初で決めておいた方が良いかもしれません。

おすすめとしては、最低でも3ヶ月は放送した方がいいと思います。
テレビと同じく、イメージ広告になるので、刷り込むまでに時間がかかります。

とりあえずはここまでは決めておこう!!

上記で説明したことは、決めておくと話がスムーズに進むという感じですね。
「わからないから、とりあえず聞いてみよう。」
って感じでもいいんですが、結局話が進まない場合が多いです。

なんとなく料金を知りたい程度であれば、
ある程度の予算を伝えて、話した方が絶対良いです!
代理店も、お見積もりを出すまでに・・・

  1. 放送局へ詳細確認
  2. お見積書作成
  3. クライアントへ連絡

やることはたくさんあり、それなりに時間もかかってしまいますので
なるべくは、細かく伝えてあげてくださいねw

ラジオCM制作の注意点!

いよいよ話が進んできたら、ラジオCMを制作するフェーズになります。
ここでの注意点をお教えします。

1、禁止ワード!!

ラジオCMでも、コンプライアンスというものがあり、
使うことが出来ない「禁止ワード」があります。
こちらでいくつか例を出します。

  • 県内初!!
  • 効果絶大!!
  • ナンバーワン!!
  • 絶対!!

禁止ワードに共通しているのは、
「裏付けが出来ないもの」です。
根拠が出せない物は、言葉として使用できないケースがあります。
逆に、根拠があれば使用できる場合もあります。

2、文字数!

CMの秒数にもよりますが、ほとんどの場合が
20秒のCMになります。
もちろん、20秒では言える文字数はかぎりがあります。

150文字以内であれば、ギリギリ大丈夫かな〜?って感じです。

実際に原稿を作成して、読み上げてみるといいと思います。
代理店もリライトしてくれると思うので、相談しながらがベストですw

3、意外と忘れがち・・・著作権!

これはけっこうあるあるなんですが、
ラジオ局で制作した場合は、著作権がラジオ局になり
そのCMデータは、他のラジオ局で使用することができません!
(うっかりってパターンですw)

1局しか使用しない場合であれば、特に問題はないんですが
他の局でも、同じデータを使用したい場合は、別でCMを制作する方がいいですね!

代理店がやる場合もありますし、代理店経由で、制作会社が請け負う場合もあります。
ちなみに僕の会社では、収録機材があるので、自社で制作して
ラジオ局へデータを渡しています。

ラジオCMのまとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
ラジオCMの問合せは月に10件以上あるので
まだまだ需要はあると思っています。

特に地方だと、車移動中に聞いたり、オフィスの中でラジオが流れていたり
いろんな場面で、ラジオを聞いています。
ラジオのパーソナリティで、ローカルの人気タレントも登場するなど
けっこうな盛り上がりです。

人気番組は、ずっと枠も空かないし有名企業も付いてたりするので
媒体としては、まだまだ強い存在ですね。

最近はネット広告が主流になりつつありますが
上手く使えば、ラジオも強力な媒体なので、会社の戦略に合わせて
検討してみるのもいいかもしれませんね!

質問などあれば、コメントもしくはTwitterのDMなどで気軽に
メッセージください♫
よろしくお願いしますm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました