【ネット販売したい!】ECサイトを作りたい方がはじめにやるべき事5選。

ECサイトを作りたい方へ WEB
ワクワク
ワクワク

「商品をネットで販売したいな~」
「遠方にいるお客さんにも気軽に買ってほしいな~」
「自社の商品をもっとPRしたいな~」

こんな風に思っている方はたくさんいると思います。
さらにコロナ不況の影響もあり、その動きはますます加速しつつあります。
そこで、ネット販売(ECサイト)を作る前にやるべき事を
紹介していきますね〜♫

この記事を読んでほしい人
  • ECサイトを作りたい人
  • ネットで商品を売りたい人
  • ECサイトを作るかどうか悩んでいる人
スポンサーリンク

ECサイトとは?

簡単にいうと、

ネット上で、ショッピングが出来るサイト

になります。
本来は、イーコマース(電子取引)を行うことが出来る
すべてのサイトを総称するもので、
いろいろなサービスや動画配信サービスなどのサイトも含まれるのです。
今回はわかりやすくイメージするために、

「ネットショッピングが出来るサイト」

という感じで覚えてください。

ECサイトの種類

商業施設にお店を出すのか?個人で店舗を持つのか?

ECサイトの種類は、
ざっくり分けると・・・

モール型

自社ECサイト型

になります。上の画像をイメージするとわかりやすいかもです。

モール型

ショッピングモールをイメージしてください。
そこを間借りして、商品を売る事ができますね。
モール型の場合は、簡単に出店して商品を販売できるのですが
販売の手数料などが引かれます。

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン
Amazon.co.jp 公式サイト。アマゾンで本, 日用品, ファッション, 食品, ベビー用品, カー用品ほか一億種の商品をいつでもお安く。通常配送無料(一部を除く)

超有名モール型ECサイトはAmazonですね!
楽天や、Yahoo!ショッピングなんかもそうです♫

自社サイト型

自分でお店を開店するイメージです。
開店自体に準備が必要で、少しだけ専門知識などが必要になります。
ただ、開店したあとは、自分で自由に管理して、編集したりできます。

Apple
革新に満ちたAppleの世界へようこそ。AppleのウェブサイトではiPhoneからiPad、Apple Watch、Mac、Apple TVまで、すべての製品の購入ができます。アクセサリやエンターテインメントを探す時も、専任スペシャリストによるデバイスのサポートが必要な時もこのサイトでどうぞ。

こちらも超有名なのは
AppleのECサイトですね♫
ネットショッピングなのに、
実際のお店にいるかのような洗練されたデザインです♪

ECサイトのメリット

なんといっても、ECサイトの良さって

インターネットを使って、
24時間365日ず~っとお店を開けることができる!

って事ですよね♪
地元だけでじゃなくて、
遠いところにいるお客さんにも商品を販売することができるし♪

まじ最強って感じですw

実際の店舗であれば、休みなしでお店を開けるのはけっこうきつい・・・
っていうか、人手不足の現代では、ほぼ不可能ですよねw

(コンビニですら、24時間営業って見直されてるし…。)

ECサイトで24時間営業が可能に!!

ECサイトのデメリット

ECサイトはネット上で決済を行うため、トラブルがつきものです。
普段ネットをしない方や、あまりネットが得意ではない方からすると
少し大変かもしれません。

今までは、店舗だけを管理すればよかったのに
ECサイト側も管理する必要があるので、慣れるまでは大変かも…。

(ネット上の決済ってすごく神経使うんです…。)

ECサイトを作る前に確認するべきこと

ここまで読んで、実際にECサイトを作ってみたい!
って思った方は、下のリストを確認しましょう♪

  1. ターゲット
  2. 販売エリア
  3. 管理体制
  4. アイテム
  5. 集客

順番にご説明します♪

1、 ターゲット

誰にでも売れる!って商品であれば、
決めなくてもいいかもですが、
商売において
「こんな方に使ってほしい」
「買ってほしい」っていうのは
絶対あると思います。
マーケティングにおいて
ターゲットを設定するのは必要ですので、しっかり決めておきましょう。

(最近はペルソナ設定って言ったりする。)

2、 販売エリア

めちゃめちゃ重要です。
そもそも販売エリアが狭ければ
ECサイトを作るかどうかの検討ですね。

たとえば、近場のお客さんに売りたい!
って思っているのであれば、
ECサイトではなく「集客じゃね?」ってなりますよね!

もちろんECサイトを作るメリットはありますが
近場のお客さんがメインなら、
お問い合わせフォームなどを
すこ〜しイジるだけでOKな場合もあるのでw

3、 管理体制

いままでは店頭でしか
販売していなかったから、
あまりPCの画面を見ることがなかったかもしれません。

けどECサイトを作ると、そうはいきません…。

ECサイト経由で商品が売れた場合、
なにかしらの端末に通知が来ますよね?

通知を見逃して、商品の発送が遅れた!
なんてことになると、
トラブルの元になるので、管理体制の見直しも必要です。

【1Hごとに1回は通知確認しよ~って決めておけば問題なし♪】

4、 アイテム

扱っている商品によるんですが、
たとえば卸しで商品をかかえていて、
これをECサイトで販売しよう!

って思っている場合。

仕入れているメーカーさん
ECサイトを運営してるかどうか
確認したほうがいいです!

消費者目線で考えると、
メーカーから買ったほうが安心ですし、

卸しを通さず商品を買えるので、
少なからずお得なはず。

たとえば、

NIKEの靴を仕入れている靴屋さんから買うより
「NIKEから直接買ったほうが良くね?」

MacBookを電気屋さんから買うより
「AppleStoreで買った方が良くね?」

ってなりますよね!

5、 集客

ECサイトを作りたいのであれば、避けては通れません。
お店をオープンしても、お客さんが来なければ意味がないですよね!

集客するためにどうするのか?
広告費はどれぐらい必要なのか?


など、考えなければいけないことはたくさんあります!

最近はネット広告費がテレビを上回ったということもあり
ネットで集客するための、ノウハウもたくさん出ています♪

ネットが2兆円でテレビ広告費を抜く 2019年「日本の広告費」が発表に | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議
電通が3月11日に発表した「日本の広告費」の発表によると、今回より新たに「物販系ECプラットフォーム広告費」と「イベント」領域を追加推定し、2019年の国内広告市場は6兆9381億円となった。

WEBマーケティングのツールを使ったり、
フリーランスの方と組んで行うほうがいいかもですね♪

WEBマーケの役立つツール
まずはこちらから無料体験!

マーケティングに役立つツールです♪♪

フリーランスを探す
スキルのフリマ【ココナラ】

ECサイトの相談から、
マーケティングの相談までなんでもありますよ♫

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ECサイトを作る前にすべきことが、
なんとな~くわかっていただけたでしょうか?
ECサイトの数はどんどん増えていくので、今のうちに!!
って思っているかたも多いと思います。

ただ、見切り発車になると少しもったいないので
焦らずにちゃんと土台をつくることは大切ですね♪

僕はエンジニアではないので、技術的な深堀りはできないのですが
次回はおすすめのツールやサービスをまとめて紹介したいと思います♪

ここまで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました