クラブハウスの使い方と注意点!(使用方法の図解あり)

clubhouseの使い方と注意点 お役立ち情報

こんにちは、わたです。

「clubhouse(クラブハウス)」が最近なにかと話題になっていますね。

ボクは運よく、ツイッターで仲良くなっていた方から招待してもらい、割と早めに使うことが出来ました。

今回は話題の音声版SNS「clubhouse(クラブハウス)」について紹介していきます。

スポンサーリンク

clubhouse(クラブハウス)ってなに?

まず始めに、クラブハウスを知らない方のために、クラブハウスの概要について紹介していきます。

まずclubhouseは「音声型SNS」という事だけ覚えておくといいかもです。

従来のSNSと異なる点は「完全招待制である」という事で、誰でもオープンに参加できるSNSとは違い、このクローズドな仕組みが大きな反響を呼びここまで話題になっていると思います。

そして、通常の音声配信アプリなどとは違い、アーカイブを残すことができないのも特徴で、その時しか聞けない情報がたくさんあるのも魅力です。

インフルエンサーや著名人もこぞって参加していることや、テレビや地方のラジオでも特集されるなど、今1番アツい音声アプリだと言えます。

クラブハウスで禁止されていること

なにかと話題になっているので、「私も始めてみたい!」って思う方も多いと思います。

しかし、始める前に注意しなければいけないことがあるのでしっかり覚えておきましょう。

利用規約から引用しています。(グーグル翻訳済み)

(i)当事者の知的財産権またはその他の所有権を侵害する会話を行う、またはその他の方法でコンテンツをアップロードする。

(ii)お客様には、法律または契約上または受託者関係の下でアップロードする権利がありません。

(iii)ソフトウェアウイルス、またはコンピュータソフトウェア、ハードウェア、または通信機器の機能を中断、破壊、または制限するように設計されたその他のコンピュータコード、ファイル、またはプログラムが含まれている。

(iv)個人にプライバシーまたはセキュリティのリスクをもたらす、または作成する。

(v)未承諾または無許可の広告、販促資料、商業活動および/または販売、「ジャンクメール」、「スパム」、「チェーンレター」、「ねずみ講」、「コンテスト」、「懸賞」、またはその他の形式を構成します。 

(vi)違法、有害、脅迫的、虐待的、嫌がらせ、不法、過度に暴力的、中傷的、下品、わいせつ、ポルノ、名誉毀損、他人のプライバシーの侵害、人種的、民族的、またはその他の好ましくない嫌がらせ。 

(vii)Alpha Exploration Co.の単独の判断において、好ましくない、または他の人によるサービスの使用または享受を制限または禁止する、またはAlpha ExplorationCo。またはそのユーザーをあらゆる種類の危害または責任にさらす可能性がある。

clubhouse 利用規約
おきわた
おきわた

よくある利用規約の例ですが、他人の財産を侵害したり、商業活動は禁止されているみたいです。あくまでも仲間内で楽しむアプリである!という感じでしょうか。

2.2

関係するすべての講演者の書面による明示的な同意なしに、会話の一部を録音する。

3.3

話者が明示的に述べた情報を(クラブハウスまたは他の場所で)共有することは「オフレコ」として扱われること。

clubhouse 利用規約
おきわた
おきわた

録音して外部とかに出すなよー!ってことです。

クラブハウス内で得た情報を他の部屋で話したり、別の場所で転用するな!ってことですね。どのように調査するのか疑問ではありますが…。

他にも利用規約には長々と書かれていますが、常識のあるネットユーザーであれば特に心配する点はなかったです。

始めるときに注意すること

規約とは別で、「最初に知りたかったな〜。」って思うこともたくさんありました。

仕様に関することは始めてみないとわからない事が多いので、今からはじめる人は以下の点は注意したほうがいいかもです。

ユーザー名を決めるのは1回だけ

これを知らずユーザー名をミスっている人をたくさん見かけました。

招待を受けてからユーザー登録する際に、ユーザー名を入力する項目が出てくるので、あらかかじめ名前を決めておくといいでしょう。

日本語対応していない

ユーザー名や、プロフィール欄を入れる時には日本語入力は可能ですが、それ以外は全て英語表記です。

SNSに慣れている方であれば、アイコンなどから推測することはできますが、不慣れな方であれば少し面倒かもしれません。

信用できる人だけを招待する

完全招待制であることから、招待枠を販売する方なども見受けられましたが、規約違反になりアカウント凍結の可能性があります。

ユーザーの質を高めるために、招待したユーザーが規約違反を犯した場合、招待をした側も同じくペナルティを喰らう可能性があるので、必ず信用できる人だけ招待するようにしましょう。

いずれ有料になるかも?

利用規約には、支払いに関する項目なども用意されており、現時点では無料で使えますが、いずれ有料になる可能性もあります。すべてのサービスが有料になるかは不明ですが、「いずれなるかも。」って覚えておくぐらいでOKです。

iPhone、iPadのみ対応

いまのところAndroidには対応していないみたいです。

2021年2月時点では、Androidは未対応ですが、規約にはGoogleStoreに関する情報も記載されていたので、今後Androidにも対応する可能性は高いです。

実名がいいかも

ボクはニックネームで登録してしまいましたが、なるべく実名がいいかもしれないです。

理由としては、、、

お客様は、本サービスの登録フォームの指示に従って、お客様に関する真実、正確、最新かつ完全な情報を提供および維持することに同意するものとします。

clubhouse 利用規約

このような一文があったからです。

いまのところ、ニックネームでも特にペナルティは受けていませんが、今後はどのような動きになるかわからないので、規約に準拠するのであれば、実名が無難かも。

clubhouseの説明書

英語が苦手な方のために簡単に説明書を作りました。(ボクも苦手です。)

招待する

  1. ホーム画面のアイコンから「Go to Setting」に移動します。
  2. iPhoneの設定画面へいき、連絡先をONにすれば連絡先に載っている人を招待する事ができます。

一応英語の意味はこんな感じです。

連絡先を承認するこれにより、どの友達がクラブハウスであるかを確認し、招待する人を選択できます。

トークルームを作る

  1. ホーム画面の「Start a room」を選択
  2. 「Open」、「Social」、「Closed」のいずれかを選択
  3. Open,Socialを選択した場合、すぐにトーク画面が始まります。
    Closedの場合は招待された人がけが入れる鍵付きの部屋になります。
  • Open…利用者は誰でも入れる
  • Social…参加者をフォローしている人だけが入れる
  • Closed…招待された人だけが入れる

こんな感じです。

clubhouseを使ってみた感想

使ってみた感想は…めっちゃ楽しい!!です

特にTwitterで普段から絡んでいる人がたくさんいれば、より親近感を得ることが出来て、気軽におしゃべり出来る場所がある!って感じです。

まだリリースして間もないので、情報も錯綜していますが、特に不具合などもないです。

まだまだわからない事がたくさんあるので、調べつつ発信していきますね!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました